じんせいの攻略本(になりうるかもしれない)

やり込み要素いっぱいの「じんせい」というゲーム。その楽しみ方を伝えるブログ。「きっとなにかのやくにたつから…」

ずぼらさんにこそおすすめ!リマインダー活用術:「やるべきこと」に縛られすぎない、気軽な使い方

どもー!アリーです。

 

春ですね!

f:id:shellyshelly315:20190420195223j:image

 

新生活真っ只中のあなたも、そうでもないあなたも、何か新しいことを始めたいという気分になっているのではないでしょうか?

 

そんな気分を、気分で終わらせるのはもったいない。

 

せっかくなので、この機会に「お手軽にかつ効果的に、これからの生活を充実させるための第一歩」を踏み出しましょう!

 

 

そう、、、、今こそ、ずぼらの味方「リマインダー」を使うときが来たのですっ…!!

 

 

 

影の薄いアプリ

 

みなさん、リマインダーって使ってますか。

 

わたしの周りの統計的には(狭い)、使ってない人がとても多いんですよね。

 

 

新しいことを始めるのって敷居が高く感じるかも知れませんが、人間は慣れる生き物です。

 

 

リマインダーで「やるべきこと」をリスト化することで、「何をしなきゃいけないのか」を気にすることはなくなり、「いつならできるか」が管理できて、「これだけできた」と目に見えるから達成感も味わえる。

 

 

え?控えめにいって最高じゃない??

 

 

さぁまずは、アプリストアで「リマインダー」を検索して、インストールしてください。

 

 

iPhoneを使ってる方なら、プリインストールで入ってるので、一度は目にしたことがあるはず。わたしが使ってるのもコレです。

 

f:id:shellyshelly315:20190420195252j:image

※センターに鎮座する彼ね

 

 

 

Androidの方も、アプリはすぐ見つかると思いますので、ご安心を!アプリは見た目の好みで決めてしまっても良いと思います。

 

 

大事なのは、機能ではなく使い方ですから。

 

 

 

タイミングを逃さない

 

さて、その肝心の使い方とは、つまり「リマインダーに登録するタイミングを逃さないこと」です。

 

 

具体的に言うと

 

「あ、〇〇しなきゃ」

 

と思ったタイミングで、

 

  • すぐに
  • 期限をつけて

 

リマインダーに登録することです。

 

 

そう、メモとの大きな違いは「期限をつけられる」ことです。これで、自分を鼓舞することができます。ゲーマー視点で言えば、それはもう「クエストを依頼された」ということ。クリアせずにはいられません。

 

f:id:shellyshelly315:20190420195623j:image

※20年以上前の神ゲーム「マリーのアトリエ」で期限を守る大切さを教えられました(スマホに移植されたようです)

 

 

そして、リマインダーに登録してしまえば、多少忘れてしまってもいいのです。

 

 

 

本当は今すぐにしてしまいたい

 

綺麗好きで有名な坂上忍さんは「掃除は気づいたときにやるのが一番早い」とおっしゃってましたが、まさにその通りだと思います。

 

f:id:shellyshelly315:20190420200202p:image

 

でも、お出かけ前に洗面所の鏡の前で身だしなみの最終チェックをしているときに、ふと「あ、そういえばこの排水溝、そろそろ掃除しなきゃ」と思ったとします。

 

 

やり始めたら2,3分で終わる掃除ですが、もう家を出ないと電車に遅れるというときに始めるのは賢い方法とは言えないでしょう。

 

(それでも気になってやってしまって、あとで駅までダッシュする羽目になったお間抜けはわたしです。息は切れるし顔はテカるし、やっぱりオススメしません)

 

 

そう、こんな時こそ「リマインダー」の出番です。

 

 

f:id:shellyshelly315:20190420182247j:image

f:id:shellyshelly315:20190420182513j:image

iPhoneのリマインダーの場合、右の「!」から時間などの詳細設定ができます

 

 

リマインダー登録の所要時間は、操作に慣れれば10〜30秒程度かと!

 

 

あとはリマインダーさんが、指定した時間に「ピコンッ!(排水溝のお掃除の時間でございます)」と優秀な執事のように教えてくれます。

 

 

f:id:shellyshelly315:20190420184903j:image

※脳内でリマインダーを「バットマン」シリーズの執事さんに擬人化するとはかどる

 

 

 

応用編「繰り返し」

 

生活の一部なんだけど、地味に忘れがちなこと、、、

 

 

例えばクレジットの引き落とし口座への振替や、紙ゴミの回収日など、月に1回程度のものや

 

 

加湿器のフィルター掃除などの2週間に1回程度のもの

 

 

そういった予定も、リマインダーに登録して「1ヶ月ごと」「2週間ごと」に繰り返すよう設定することができます。

 

 

iPhoneのリマインダーで確認してある限り、

 

  • 毎日
  • 〇日ごと
  • 毎週〇曜日(〇曜日と△曜日など複数も可)
  • 〇週間ごと
  • 毎月〇日(〇日と△日など複数も可)
  • 毎月末(月に合わせて28〜31日)
  • 〇ヶ月ごと
  • 〇年ごと

 

など多彩な設定が可能なので、ぜひぜひ使ってみて下さい。

 

f:id:shellyshelly315:20190420200654j:image

※リマインダーさんは、イヤな顔など一切せず何度でも同じことを教えてくれます

 

 

 

応用編「日々のルーティン」

 

ラジオ体操や読書やマインドフルネスなど、日々の忙しさに追われていても、自分を整えるためにやっておきたい「決まりきった行動」。

 

 

もうすでに、寝る前の歯磨きくらい身に染み付いていれば、わざわざリマインダーにすることもないのですが、

 

 

もし、「今日は疲れたから」とか「今は気分じゃないから」なんて言ってやめたり後回しにしたりすることがあるなら、ぜひリマインダーに登録してみて下さい。

 

 

人間とは不思議なもので、ネットを1時間見るのは苦にならないのに、3分足らずのラジオ体操はめんどくさく感じたりするんですよね。(わたしです)

 

 

でも、リマインダーにリストとして載っていると、やっぱり「はい、やりました」って消し込みたくなるじゃないですか?

 

 

なので「はぁ〜しょうがないやるか〜」くらいの気持ちで、まずは立ち上がって欲しいのです。

 

f:id:shellyshelly315:20190420200953j:image

 

 

このときのポイントとしては「やり切らなくても、やり始めたらOK」と思って始めることです。

 

 

ラジオ体操の最初の「♬背伸びの運動〜」だけやって達成、で良いんです。

 

 

そのあとは、続けても切り上げてもOK。これで十分、脳的には「やればできる自分」と刷り込まれて、成功体験として積み重なり、セルフイメージが上がり、さらに前向きに生きていけるという寸法です。

 

 

 

リマインダーで「今」に集中できる

 

「あれもやらなきゃ」

「他に何しなきゃいけないんだっけ」

 

そんなことで脳の容量を使わずに

 

「あれはこの日にする」

「しなきゃいけないことは全部分かってる」

 

という気持ちで、目の前のことに全力で取り組むためのツールとして、ぜひぜひリマインダーを活用して下さいね!

 

 

ではでは、また〜!